Indigo Shawl -Shade 4- Single

Indigo Shawl -Shade 4- Single
インドにて機械紡ぎ手織りにて織られた1重織りのショールを、奄美大島の染め工房で染色しています。染色の行程の回数でうまれるグラデーションは色をかさねることで藍の深みを感じることのできる商品です。

インド藍
染め工程:藍染5回+泥染め3回
MATERIAL
100% LINEN
HAND WOVEN
SIZE
約100x200cm

WOVEN IN INDIA
DYED IN JAPAN

パソコンの画面により、現物と色や素材感が若干異なる場合があります。予めご了承ください。

こちらの商品は天然の植物染め(藍染、泥染め)にて染められています。
天然の染めのためムラがございます、ご了承ください。
お洗濯を繰り返すことにより、また日に当たることにより
独特の色落ちの変化が楽しめます。  
熟練した職人の手による染めのため、大きな色落ちはいたしませんが、
白色のアイテムとのご使用はご注意ください。

  • 送料について
    送料無料 Free shipping
    • その他地域一律
      ¥0
  • 納期について
    • 在庫品
      ご注文後7日を目安に発送いたします
    • 受注生産品
      ご注文後30日を目安に発送いたします
    受注生産品は工場によるため、詳細に関してはお問い合わせください。

STORY

  • いつか訪れてみたいと思っていた奄美大島。
    知り合いの方から奄美の魅力を聞き、しばらく計画をあたため...
    泥染めをようやく見れるとワクワクしながら向かいました。

    宿の方からのご紹介で、まずはワークッショップを受けさせていただくことになりました。
    前の日に大島紡ぎ博物館のような場所で基礎知識を入れていたものの、
    実際に染めてみて改めて紡ぎがつくられるまでの行程に頭が下がる思いでした。
    染めの行程でも果てしない回数を繰り返さなくてはなりません。
       
    大島紡ぎの染めは、シャリンバイ染めと、田んぼでの泥(鉄分)による自然な科学反応を繰り返しながら深みのある黒とつくりだします。
    田んぼの鉄分は、ソテツを入れて調整することもあるとか。

    工房の職人さんもとても真摯に染めと向き合っており、藍についても知識への探求も熱心。
    ぜひこちらの職人さんにお願いをしたいと思い、藍のシリーズとしてようやく実現しました。

    こちらの商品は、生地染めは田んぼでは固着できないため、藍染めののち、シャリンバイ染め、鉄分での固着を繰り返して
    深みのあるブルーをつくりだしています。
    染めを重ねていることにより藍のみの色には表現できない独特の深みのある色が染め上がります。
  • インド、ビハールにて職人の手によって手織りされたショールは海を渡って日本の奄美へと送られます。
  • まずはインド藍を発酵させた藍瓶にて、藍染を繰り返し濃いブルーを染めていきます。
    洗いと染めを繰り返していくその工程は数日かかる大変な工程です。
  • すでに数日かかった藍染のうえに、泥染め(シャリンバイ染め)を重ねていきます。
    工程はシャリンバイを採集することから。木片を乾かして煮出し染料をつくります。
  • 染めは強く揉みながら染料を含ませていく大変な作業。
    染めと洗いを繰り返すことによって、藍泥ならではの深い色合いをつくっていきます。