Stone shawl -Ivory-

パーケージにお包みしてお届けします
PREV ITEM NEXT ITEM
Stone shawl -Ivory-
インド、ジャイプール近郊のバグルー村で受け継がれてきたブロックプリントという技法で染めています。
こちらの商品は古い鉄と砂糖を入れ発酵させた天然のミネラルと、お花や植物の実などの自然の染料で染められました。工程のなかで使われる電気はソーラーパネルを使用しているサスティナブルなアイテムです。        
MATERIAL
30% シルク
70% コットン
SIZE
110x200cm

Made in India

職人による手作業により、版木の大きさによって
柄のつなぎ部分、曲がり、インクのハネなどがあります。

柄はひとつとして同じものはありません。

天然染料ならではの特徴としてお洗濯を繰り返していくうちに、
またご使用になるにつれ独特の色落ちがあります。
育てていく楽しみをぜひ味わってください。
また、大きな色落ちはいたしませんが、 白色のアイテムとのご使用はご注意ください。
※染料の鉄分によりアレルギーをお持ちの方はくれぐれもご留意ください。
(弊社ではアレルギーテストは行っておりません)

  • 送料について
    ヤマト運輸 60サイズ
    • 北海道
      ¥1,240
    • 青森県
      ¥940
    • 岩手県
      ¥940
    • 秋田県
      ¥940
    • 滋賀県
      ¥940
    • 京都府
      ¥940
    • 大阪府
      ¥940
    • 兵庫県
      ¥940
    • 奈良県
      ¥940
    • 和歌山県
      ¥940
    • 鳥取県
      ¥1,040
    • 島根県
      ¥1,040
    • 岡山県
      ¥1,040
    • 広島県
      ¥1,040
    • 山口県
      ¥1,040
    • 徳島県
      ¥1,040
    • 香川県
      ¥1,040
    • 愛媛県
      ¥1,040
    • 高知県
      ¥1,040
    • 福岡県
      ¥1,240
    • 佐賀県
      ¥1,240
    • 長崎県
      ¥1,240
    • 熊本県
      ¥1,240
    • 大分県
      ¥1,240
    • 宮崎県
      ¥1,240
    • 鹿児島県
      ¥1,240
    • 沖縄県
      ¥1,240
    • その他地域一律
      ¥840
  • 納期について
    • 在庫品
      ご注文後7日を目安に発送いたします
    • 受注生産品
      ご注文後30日を目安に発送いたします
    受注生産品は工場によるため、詳細に関してはお問い合わせください。

STORY

  • 植物染めの商品をつくりたいと思い、工場を廻りmills|ミルズのショールをお願いをしているのがこちらの工房。
    調べていくなかで、ジャイプール近郊に植物染めの村があるとのこと。
    とても気になり訪れることにしました。

    バグルー村へ行くには、市内から国営バスに1時間ほど揺られてようやく辿り着きます。
    はじめて訪れた工房は歴史も古かったのですが、諸事情があり断念。
    消沈していたところに、次の旅で出会った工房の職人達の笑顔とオーナーの心意気に打たれ、こちらでお願いをしています。

    少し遠いこの工房での一日は、バス停までバイクか皆を乗せる3輪車で迎えにきてもらうことからはじまります。

    朝の準備が終わると、少しだけ働いてチャイのティータイム がはじまります。
    その後、働いてランチ、働いてチャイ 。1日2回のチャイタイム。朗らかなインドの時間が流れています。
    (写真はそのチャイタイム)
    そのためか、この工房のみんなは笑顔で楽しそうに働いているのが印象的。

    また、この工場のよいところは、出来るだけ自然に回帰した染めを行うことをモットーにしていること。
    こちらでは、植物染め以外の染めも行っていますが、人工的な力を一切使用しない染色を実現していることにあります。
    おどろくべきことに最初は薪で煮炊きをしており、今はソーラーパネルへと移行。
    機械化になってもなお自然への敬意が感じられます。
  • 染料は、古釘などのくず鉄とジャグリと呼ばれるインドの砂糖を混ぜ、
    発酵させてつくります。
    この天然のミネラルでつくられた染料は、泡がつくられる頃に
    ようやく染料として使用できるようになります。
  • プリントする前のもうひとつの大切な準備。
    ハーダ (Harda)と呼ばれる果実の種を乾燥させ砕き水にまぜた溶液に、
    生地を浸しなじませます。
    これはインドのバグルー村の植物染めでは大事な工程のひとつ。
    大事なひと手間を忘れると自然の科学反応が起こりません。
  • つくられたミネラル染料は、果実のタマリンドの種を粉にし水に溶かした、
    自然のねばり成分と合わせ、プリント用として準備されます。
    プリントしやすいように、トレイに生地を重ねプリントする柄や気候によって
    粘度を調整していきます。
  • 植物染めの工程は長くかかるもの。
    ようやくプリント作業へ。
    手作業と思えぬ速さ、正確さで生地が仕上がります。
    最後に乾燥、色移り防止にお花を入れて煮ます。
    乾燥を経て、日本へショールがやってきます。